秋田で印鑑、ゴム印、名刺、封筒、伝票、チラシ等各種印刷物は、ハンコ卸売センター秋田店で!
サイトトップ
個人印材・書体トップ

法人印_印材

あかね

法人印材_あかね

「あかね」とは東南アジア産の柘で、シャム柘とも呼ばれます。印鑑として使える太さに成長するまで、20〜30年かかります。高温多湿の地で育つため、成長が早く水分が多いのが特徴ですが、日本国内にて丁寧に乾燥等の加工を行ってから印鑑に利用しています。

 

薩摩本柘

法人印材_薩摩本柘

「本柘」とは日本で植林された柘をさします。薩摩本柘や御蔵柘のように、木の育った地名を冠して呼ばれる事が多く、薩摩本柘は鹿児島県産の柘で温暖な気候と、冬の寒さに育まれ、目が詰んで丈夫な印材です。50〜60年かかって、ようやく印鑑として使えるまでに成長し、さらに乾燥・加工に手間と時間を経てようやく印鑑として使えるようになります。現在は植林により子孫代々大切に育てられています。また、印鑑として使わない根の方も、印鑑キャップ等に加工され柘の木は捨てるところがなく、グリーン購入法適合材とされています。

 

黒水牛(芯持ち)

法人印材_黒水牛

「黒水牛」は、独特の美しい光沢と耐久性、硬度、粘りがあり、汚れも目立たず朱肉のつきの良さにも優れています。当社の黒水牛は全て一番丈夫な芯を中心に加工した“芯持ち”と呼ばれるものです。「採り方」「加工法」も当社独自のこだわったものとなっており、特上品は更に芯が細い貴重な材料を使用しております。

 

牛角(色付・芯持ち)

法人印材_牛角色

現在では「牛角」と呼ばれる旧オランダ水牛です。芯持ちのため、硬質かつ粘り、耐久性、朱肉のつきや捺印性等、どれをとっても象牙に匹敵する高級印材です。色付きとは、角に模様(色)がついているものを示し、模様の専有面積だけで格付けされる場合が有りますが、本来牛角のランクは産地・種類・年齢の総合で決まります。

 

PAGE TOP

 

法人印_書体

篆書体

法人丸印 法人角印

秦時代に作られた大篆・小篆の総称で、漢字の基本となる書体です。重厚・風格のある印影をつくり、実印のみならず全ての印鑑に適しています。

法人丸印_篆書体 法人角印_篆書体

 

印相体

法人丸印 法人角印

篆書体をもとにした書体で、円の八方に広がり線が太くどっしりと落ち着いています。実印や銀行印に適しています。

法人丸印_印相体 法人角印_印相体

 

古印体

法人丸印 法人角印

隷書体をもとに丸みを加えた書体です。7〜8世紀頃に日本で作られた、大和古印の伝統を受け継いだ古典な味わいを活かした日本独自の書体です。実印や銀行印に適しています。

法人丸印_古印体 法人角印_古印体

 

PAGE TOPHOME